お墓ディレクター

お墓の窓口とは

kvParts1

はかまどトピックス

2016/06/21

日本の石でお墓を建てるべき4つの理由①

お墓って耐用年数は100年以上などと言われていますが、
とにかく、長い間、お骨を守ってもらうものですから、
石の選択って大事だと思います。
その中で、最近8割が外国産の石だと、言われてます。
でも、
日本の石も最近徐々に見直されつつあります。
どうして、外国の石ではなくて、日本の石を選ぶべき、なのか?
最初の理由は「実績」です。
日本の石は50年とか中には100年、日本の国内で
お墓だけでなく、いろいろな建造物に使われています。
つまり、耐用年数は立証済みって訳です。
それに対して、外国の石、古い石でも
15年とか20年とか言うレベル。
石の特性を表す数値が良くても
実際に日本の風土で50年、100年レベルでの実績がないんです。
外国の石の中でも比較的古い韓国の石など、
かなり厳しい風化状況におかれている石も散見されます。
日本の風土に合うのか、合わないのかは
10年、20年、50年経ってみないと分からないことも多いのです。

(この記事はおおきた石材店のホームページから転用しました)

hr01

全国お墓なんでも相談室
全国各地にて、生活者の「お墓」に関する悩みや相談にお応えすることを目的に、(ー社)日本石材産業協会が認定するお墓ディレクター資格取得者が相談室を定期的に開催しています。また、フリーダイヤルや無料相談フォームでのご相談も承っております。※この事業は経済産業省、(財)日本消費者協会の後援を受けています。主催:一般社団法人 日本石材産業協会 後援:経済産業省・一般財団法人 日本消費者協会・産経新聞社
  • フリーダイヤル0120-411479 電話受付 月曜日・木曜日(祝日以外)午前10:30~12:00 午後13:00~15:30
  • お問合せはこちら
Copyright© The Japan Stone Industry Association All Rights Reserved.